唄わないし踊らないし

サマカト代表だって生きてるってこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

どこまで行けるかわからないけれど

去年は彼岸を垣間見た年だったように思う


4月にモノ書きの師匠が亡くなり
7月の終わりにやっと親しくなった才ある友人が
その数日後8月アタマに敬愛する祖父が逝く


彼らの何かを背負っていくわけではないし
やろうとしたところでそもそも無理な話だ

それでも
ぼくはまだ生きているし
モノ創りを続けていくだろう

今年は少しずつでも新たなチャレンジをして
勇気を持って行動したい

そしていつか
向こう側に届くようなモノをひとつでも創りたい


願わくば
どこまでもちゃんと「見世物」でありますように



まず今やれよ(笑)
スポンサーサイト

どれでもない | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<「クツシタの夜」関係1 | HOME | フミオとコヤス>>

この記事のコメント

私も2007年がまさにそんな感じの年でした
確かに「何かを背負う」ではないけれど
それでも2008年はたぶんそんなことを意識しながら過ごした年だったと思います
「今この時に私が生きているのは意味あってのことなんだ」と、いつも気付かされるような気持ちで
感謝しながら、また今年も頑張って行きたいですね
2009-01-02 Fri 12:33 | URL | さーや☆ #e2xIBKiE[ 編集]
先輩ったら
新年早々イイコト言うなぁ
2009-01-02 Fri 14:38 | URL | 代表 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。